皮膚科で診てもらう

30代のニキビを自分で治す

大人のニキビができるようになると、とにかく最初は自力で何とかしなくてはと考えるもので、私もいろいろと考えながら対処してきました。 しかしどれだけ自力で保湿したり、洗顔に気を遣っても、いつの間にか悪化して赤みや腫れを引き起こし、痛みを伴うようになってしまっては、ここから対処のしようはほとんどありません。

大事な知人と会う約束があるときに、こういったニキビが酷い状態だと、何とか見た目あまり目立たないようにしたいと思うものなのですが、こういった時に私も誤って「ニキビを潰してしまう」ことがありました。 しかし自力でニキビを潰してしまうのは、だいたいがダメな方向に行ってしまいます。

その後がずっと残ってしまったり、色素沈着を起こしていつの間にかシミになってしまうこともあります。 ですので自力で治そうと多少努力をするのもいいのですが、それでも繰り返し同じ場所にできたり、悪化を繰り返すような時には、最近では「ニキビも診療してくれる皮膚科」が存在しますので、たかがニキビで、と考えず、一度皮膚科に行って診ていただいたほうがいいかもしれません。

私も数年の間、30代の大人ニキビが何度も同じような場所ばかりに出来て悪化を繰り返していたので、自力ではもう簡単には治らないと判断してからは、皮膚科を探す方に対処を移しました。 それに気付かないうちは、ニキビを皮膚科で診てもらえるという概念すらありませんでした。

皮膚科に行く前は市販の化粧品をあれこれ替えてみたり、スキンケアの仕方を変えたりしていましたが、思ったほどの効果が上がらずにとても困っていました。 ニキビも繰り返す時点で何らかの重要な原因が潜んでいることがありますので、病院に行ってみるのも大切だと思います。