お肌の状態が悪い

30代のしつこいニキビ

10代のニキビもかなり手ごわくて悩みましたが、30代を過ぎてからの大人ニキビはもっと手ごわくて、どんなに努力をしてもまたすぐ出来ては悪化を繰り返すという状態になってしまいました。 酷い時は同じ場所のすぐそばに2個出来たりして、もう外を歩くのが辛いと思うくらい、お肌が赤くなって芯をもって、痛みを伴うような感じでした。

この頃は在宅勤務の仕事をしていたのですが、そのせいで何とかこのニキビの顔を人に見られることもなくすごす事が出来たのですが、在宅勤務でありながら、家の環境があまり良くなかったようにも感じています。 実際ひとりで家にいて仕事をしていると、仕事を優先して家の掃除や布団のシーツ替えなど、ほとんどが後回ししなってしまい、かなり劣悪な環境に肌がさらされていたのではないかと今では思います。

その当時はそういった環境がお肌に悪いかどうかさえ、気付いていませんでしたので改善するつもりにもなりませんでした。 そういった環境、ストレス、適切ではないお肌のケアなどが複合的に重なり、さらにホルモンバランスが30代で変化したことも要因となっていたのかもしれません。

今30代のニキビについて調べてみると、本当に些細な原因で何度もニキビを繰り返してしまったり、または内臓の状態が悪い事でニキビを繰り返すものだと書いてあります。 そういえば、私はこの頃、「口内炎」も良く出来て悩んでいたことを思い出しました。

口内炎も内臓のどこかしらが状態を崩していて、それが原因でできると聞いたことがありますので、この頃私も内臓の状態が良くなかったのかもしれないです。 30代のしつこいニキビは、いろんなことを改善していく必要がありそうです。