自力で対処できない場合

ニキビ専門の皮膚科

今では30代の大人ニキビはあれこれの原因があって出来ていたのだろうと、冷静に分析できますが、当時は自力でいろんな対処をしたものの、結局キレイになってずっとニキビが出来なくなる、ということはありませんでした。

ですのでこの頃から自分では治せないのではと考えるようになり、それならニキビを医療機関で診てもらってはどうか、と考えるようになりました。 しかし当時の皮膚科ではおおよそ傷などの疾患だけを診る、というところがほとんどでしたので、皮膚科を見つけては通い、あまり良くならずどうしようという感じで過ごしていました。

そんな中でだんだんネットで調べることが簡単なご時世になってきて、「ニキビも診療しています」という触れ込みを見つけ、今住んでいる場所から近い皮膚科に、行ってみようと考えるようになりました。 今でこそ、ニキビやシミやしわまで皮膚科では診てくれるところが増えましたが、昔の皮膚科はやっぱり怪我や傷など、痛みを伴う酷いものだけを診てもらう場所という考え方が普通だったと思います。

しかし昨今では大人のニキビで悩むという方はとても多くなって、こういったものを改善するというニーズが高まっているんでしょう。 大人になってニキビができるなんて、昔は「ニキビって言わないの、吹き出物って言うのよ」なんて言っていたもの。

でも今ではネットで検索しても立派に「大人ニキビ」という地位を確立?していることを見れば、それだけ悩む人が多いということの裏返しです。 ホルモンバランスの変化やストレスは、さまざまな疾患を生み出すものとなっていますので、こういったものを整えたり軽減することが重要なのかもしれません。