30代で始めるスキンケア

大人ニキビが出来るようになる

20代ではほとんどニキビに悩むことがなくなったのですが、何故か30代に入ってから、時々ぽつっとニキビが出来るようになりました。 思春期の頃にはおでこにいくつも出来たり、鼻に出来てとても痛かったりといった感じでしたが、30代に入ってからは、頬のあまり油分が多いとはいえない場所や、あごのあたり、さらには鼻の下あたりなど、できると見栄え的によろしくない場所ばかりに出来るようになりました。

しかも、この場所にぽつっとできるようになると、その時点でかなり気を遣って大きくならないように心がけているのに、結局赤みが出てきて白い芯のようなものが出来るまで悪化してしまい、収まるまでかなり時間がかかるようになってきたのです。

しかも、痛みを伴うようになるため、ニキビが出来るたびに憂鬱に感じるようになりました。 20代の時のようにとにかく油をとればいい、といった間違ったスキンケアはしなくなっていましたが、30代の場合、自分でも何が原因で出来ているのか、どうして治りが悪いのかなどがまったく見当がつきませんでした。

この頃に自分で行っていたスキンケアは、いつも使っている化粧水をティッシュに浸して、ニキビがある場所に貼り付けて保湿して沈静するといった感じ。 このスキンケアによって多少緩和する時もあり、保湿が大事なんだろうと考えていましたが、何度も同じような場所に出来てしまうことも多々ありました。

20代でホルモンバランスが安定してきれいになっていたものが、なぜ30代になって出来るようになったのか不思議でなりませんでした。 そこで、30代になってからのニキビをよく見てみました。 すると、色素沈着していることがわかりました。

20代のときのニキビでは色素沈着はしていませんでした。 もしかして、これが原因かも・・・ そこで、色素沈着を薄くするためにはどうすればいいのか調べることにしました。 すると色素沈着には美白ケアをするといいことがわかりました。

そういえば、今まで、私は美容液を使っていませんでした。 これをきっかけに美白ケアができる美容液を使ってみようと思いました。 これが意外でした。 20代は保湿をしっかりしていれば、それほど苦労することもなく治っていました。

なので、30代でも保湿だけしておけばいいだろうと思っていました。 もちろん、保湿も重要。 しかし、保湿だけではだめなことが分かって少しほっとしました。 早速、美白ケアの美容液選びをすることにしました。

最初、普通に美白効果がある美容液を選べないいのかあと思ったのですが、メラニンを抑えるだけでなく、肌の炎症を抑える成分が入っていたほうがいいということがわかりました。 ニキビは、毛穴の中で炎症を起こしてできるものです。 そのため、高い抗炎症作用のある成分が必要だということです。

いろいろ探した結果、ちょうといい美容液を見つけることができました。 お値段は美白化粧品だけあって、高額です。 しかし、このままニキビのあるお肌のままではいけません。 そして、今までのように保湿はしっかり行いつつ、最後に購入した美容液を色素沈着している部分に塗るようにしました。

すると、2週間程度から変化がありました。 まず、色素沈着していた部分の肌がもっちりしてきたのです。 同時に毛穴も目立たなくなってきているように感じました。 そして1ヶ月塗り続けたあたりから、ニキビの大きさが明らかに小さくなってきたのです。

すると、肌の色も綺麗なピンク色になって、健康そのものの肌になってきました。 そして、いつのまにか色素沈着が目立たなくなってきたのです。 これで30代からは美容液で美白ケアを同時にするこが大切なことがわかりました。

どんな特徴があるのか

30代でニキビに悩むようになって、なぜこの頃に出来てしまうのかいろいろと調べるようになりました。 大人のニキビの特徴は、10代はだいたいTゾーンのおでこや鼻にかけて出来やすいものですが、これとは違ってUゾーンの頬からあご、鼻下などにかけてできるもの、ということで、私の30代でのニキビはまさにこれに当てはまるものになっていました。

さらに30代のニキビは結構しつこくて、治りが遅い上にさらにまた同じような場所にできてしまうということ。 治りの遅さは本当に痛感していましたし、小さいのを確認した時点でかなりいろいろと考えて対処しているのに、大きくなって赤みや腫れを伴ってしまうということで、気持ちまで下がってしまう状態になっていました。

しかし30代の場合、何度も同じ場所に出来ては酷くなってを繰り返しているうちに、これ自体にストレスを感じるようになってしまうため、またニキビを酷くしてしまうといった負のスパイラルに陥ってしまうことも大きく原因しているのかもしれないと、今考えると思います。

ニキビとストレス、ホルモンバランスはかなり密接に関わっていると思いますので、悩むこと自体もニキビにとっては酷くする原因といえます。 さらに残念なことに30代は20代に比べると、加齢によりお肌のターンオーバーが遅くなったり乱れたりしてしまうようで、だんだん治りにくい傾向になるよう。

大人ニキビが出来ては治って、また出来てを繰り返すようになると、自分で簡単に治すということはかなり難しくなる気がします。 原因を突き止めて、それをなくしていかないと、すぐには改善されないのではないでしょうか。

ここで、新陳代謝についてお話しします。 30代に突入すると新陳代謝も正常な周期で行われなくなります。 すると、肌のターンオーバーが遅れるようになり、古い角質が肌の奥に蓄積されます。 この状態が続けば、乾燥しやすくなり、シミやたるみになります。 ここでシミやたるみとニキビと関係があるのか?とお思いの方もいることでしょう。

実は、シミやたるみが原因でニキビができてしまうこともあるのです。 そのため、いろいろな原因が組み合わさっていることにより、治りにくくなってしまうのです。 従って、上記でも書きましたが、美白ケアも同時に行うと、比較的短期間で治ってしまうことも多いのです。
http://xn--25-gh4a1esb7830e.com/

年を重ねれば重ねるほどお肌のお手入れが大変になりますが、原因をしっかり見つけさえすれば、20代の頃の肌にだってなれるものです。 ここで覚えておいてほしいのが、スキンケアでは、いろいろなものを栄養素を加えるというのが通常の考えですが、今まで使っていた化粧品を段階的に減らすというスキンケアもしてみてください。

今まで使っていた化粧品を使わなくなるというのは勇気がいることだと思います。 しかし、使う化粧品を減らすことで、肌が生まれ変わることもあるのです。 例えば、休日にスッピンで過ごした次の日はいつもより肌がキレイだと感じたことはないでしょうか?

過剰に栄養を与えるのが却って逆効果になることもあるのです。 そして、本当に自分の肌に必要な栄養がなんであるかを確認しましょう。 すると、肌本来の力によって、みずみずしい肌に生まれ変わることもできます。